TOP > ruhruとは > 焦げ付きにくいわけ

Reason that is hard to become irrecoverable 焦げ付きにくいわけ

焦付き難さはダブルコーティング!

一般的なテフロン加工・フッ素加工のフライパンは、塩分による腐食によりすぐにコーティングが剥が
れてしまいます。そのため仕様していくうちに食材が焦げ付き調理しにくくなります。
これに対しruhru(ルール)健康フライパンは【ダイヤモンドコーティング】【チタニウムコーティング】
により、長く使える耐塩性・耐酸性に優れたものになりました。

【ダイヤモンドコーティング】とは?

ダイヤモンドは硬度・摩擦係数・熱伝導性で優れた特性を持った物質です。
ナノダイヤモンドはダイヤモンド結晶構造を持ったナノサイズのダイヤモンドで、ダイヤモンドの特性を
ほぼ保持しています。
そのためダイヤモンドの特性を活かした、食材がよりくっつきにくく焦げ付きにくい、耐久性の高い
フライパンにすることができました。

【チタニウムコーティング】とは?

チタニウム(Ti)は金(Au)とほぼ同等の耐食性を持っています。
室温では酸や食塩水などに対し高い耐食性があります。そのため、表面の汚れやごみなどの付着物を
容易に取り除くことができます。
また塩分に強い特性により、どんな食品を料理してもフライパンに食べ物が焦げ付きにくい
フライパンにすることができました。

ruhru(ルール)健康フライパンは底面が平らになっているので、理想的な温度を維持し配分します。そ
のため食材が焦げ付いたり焼き付いたりしにくいのです。
さらにドイツ基準の生産方式のもと、徹底した品質管理により生産されていますので、安心してご使用い
ただけます。

ruhru(ルール)健康フライパンが長く快適に調理ができる秘密とは!?

ruhru(ルール)健康フライパンは、すべて職人の手作りによる100%アルミニウム鋳物に、チタニウムと
ナノダイヤモンドでコーティングを施しています。また、鍋底8mm、側面3.5mmの厚いつくりにより耐
熱性・耐摩耗性に優れた製品になっています。

以下の図は、フライパンのコーティング層を表したものです。NANO COATING層がナノダイヤモンドコー
ティング、TITAN COATING層がチタニウムコーティングとなっており、ダブルのコーティングを施してい
ます。

コーティング

また、内側4層・外側3層の【7層コーティング】により、耐久性をさらに高め通常使用のもとでの長期
使用を可能としました。(ただし、空炊きや金属ヘラなどを使用してコーティングを傷つけないことが条
件になります。

焦げ付きにくいわけ おいしく調理できる理由 お手入れ簡単 健康フライパンといわれる理由 ruhruのIHポイント 第三者機関による検査報告 10年保障 フライパンの比較 フライパンのサイズ

ページトップへ

twitter

facebook

ruhru